珍しい生ゆばのフルコース料理 ゆば亭 ますだや

商標登録番号 第三一四九八三六号

お電話でのお問い合わせ、ご予約は 0288-54-2151

数字が色の日は休日です。

日光縁だより

「世界一受けたい授業」3年11組 同窓会 ホンマでっか?

「世界一受けたい授業」3年11組 同窓会 ホンマでっか?

アインシュタインの重力波が100年後に証明されてご機嫌のわが恩師、鶴見先生をお迎えして、3の11有志同窓会をゆば亭ますだやで行いました。教え子よりお若く見える先生に皆「重力波」以上に驚いてました。

今回は感性リサーチCEO・脳科学者の黒川伊保子さんも駆けつけてくれました。研究だけでなく、テレビ・講演で忙しい中、わざわざ日光まで来てくれました。
学年トップの村田校長の進行で、大塚・武内教育委員会・青木校長、下川さん、柳澤君,渡辺君と懐かしい顔が。 皆第一線で活躍中だけに黒川さんに質問責めで、人工知能(AI)の研究から男脳・女脳の研究に至るまで実に分かりやすく説明してくれました。
「脳」は28年の周期で反転して56年で元の位置に戻る、この時がとても大切なんだそうです。皆、自分の生徒や家族・夫婦の「脳」の話で盛り上がりました。

黒川伊保子さんはやっぱりオーラが違う。どんな質問にも答えてくれる。そして励ましてくれる。高校時代から輝いてたけどこんなに立派に成られるとは。
会っただけでパワーがもらえます。講演会が大盛況なのが分かりました。埼玉の同級生の校長たちは自分の学校に黒川さんを呼んで、生徒はもとより保護者の方たちから絶賛されたそうです。

昔、食べ物の研究で「ゆば」を取り上げてくれて来店した時もパワーいただきましたが、確実にパワーアップしてます。
研究はもとよりテレビ・雑誌・ベストセラーの本の執筆。大企業だけでなく、タレントのさんまさんや小堺さんも上田さん有田さんも一目置くだけの人です。
「脳科学」という難しい分野を分かりやすい例えで、子育て・夫婦・人間関係に至る悩みまで。黒川伊保子さんに救われる人が全国に沢山いることを実感しました。

黒川さんが「わたしが物理学に興味を持ったのは、鶴見先生のおかげです。」と言ったときは自分も涙が出そうになりました。

青木校長の「俺は生徒と職員は全力で守る」の一言も酔った勢いとはいえ格好良かったです。
村田校長の生徒と作詞作曲した記念曲は楽しみです。
大塚元校長の「大成思考」復活願います。

肩書は違えど、会うと昔の顔に戻る同窓会は、正に「世界一受けたい授業」でした。
 鶴見先生が教えてくださった3の11の合言葉
 「頂上行きのバスは無い」(1歩づつコツコツと)
 「失敗を真剣に考える者は必ず救われる」
  を胸にお開きとなりました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%B7%9D%E4%BC%8A%E4%BF%9D%E5%AD%90

http://www.ihoko.com/

2016年02月13日

前のページヘ戻る